WEBアプリケーションの最近のブログ記事

販売管理や生産管理といった業務は作業の工程がはっきりとしているのでシステム化しやすいですが、 営業の仕事というのは不定型業務なので、なかなかシステム化することが困難です。
良い営業マンというのは顧客との付き合いのなかから、文字や数字で表せない情報や気付きを察知できるものですが、 皆が皆出来るような事ではありません。
逆に社内の調整や書類作成などの雑務に追われ、営業行為に打ち込めないのが現状です。
営業支援システム (SFA) の導入で、ある程度カバーできますが、営業行為全体から見るとわずかな部分です。

営業力の向上には営業活動全般の最適化、営業スタッフの雑務からの解放が必要です。
そして、非定型な顧客の情報をスピーディに「見える化」し相互に共有できる環境作りが必要です。

最近よく、見える化システムという言葉を聞きます。
特別にこれをシステム化したというようなものではなく、研究や開発などの非定型業務で、 人に依存しているため作業の進捗やコストが目に見えにくいものについて、見えるようにしましょうというシステムです。
企業がこれまで導入している○○システムというものの大半が正確性、省力化、効率化というのを目指していますが、 これからの業務改善には非定型業務について状況を把握してすばやいアクションを起すことが重要になってきます。
非定型業務をシステム化するというのは難しいように思えますが、 例えばドリームアーツのINSUITERのようなグループウェアを利用した情報共有も見える化に効果があります。

安心安全なアフィリエイト
Powered by Movable Type 5.12

サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン 無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ