本・雑誌の最近のブログ記事

強烈に印象に残っている刑事ドラマですね。その第1期51話のDVDブックが「あぶない刑事 全事件簿DVDマガジン」として8月28日に創刊されました。毎号2話ずつ(2号のみ3話)収録されているDVDが付いて、隔週発売です。

あぶない刑事 全事件簿DVDマガジン

1冊1,590円、創刊号790円なので、全部そろえると38,950円になります。一見高いように思えますが、過去に発売されたDVDボックスは75,600円もします。ましてや、DVDボックスは既に生産が終了していて入手が難しい状況です。ストーリー解説や裏話などが掲載されたマガジンが付いてくる事を考えると、遙かにこちらの方がお得ですね。

シリーズが始まったのは1986年。もう26年も経つんですね。ちょうどあの頃はバブル景気が始まった頃で、世の中みんなイケイケドンドンの時代でした。かっこよく、コミカルで、そして怖いもの知らずというのが時代背景とマッチしてました。

舘ひろしさんは既に西部警察でハードボイルドのイメージがありましたが、柴田恭兵さんはこの番組でキャラが定着しましたね。

最近はドラマを見ることはほとんど無いので、家族からはドラマが嫌いと思われていますが、実は見たいドラマが無いだけで、「あぶない刑事」のようなドラマがあればたぶん見るでしょう。

この記事を書いていたら、「あぶない刑事」を見たくなってきました。

レビューブログからのお題でした。ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

只今、セブンアンドワイでは文庫のクチコミランキングキャンペーンを開催中です。
大河小説や元気が出る本などの10のテーマーから1つ選んで、自分のお気に入りの本のタイトルと著者名を応募するだけ。
感想文を書くわけではないので、簡単に応募できます。
応募した方には抽選で1位となった本のうち5冊、フットマッサージャー、DVDプレーヤー、国産黒毛和牛など、 豪華商品のプレゼントがあります。
投票受付は9月26日まで。10月上旬にクチコミランキングがサイト上で発表されます。

読書好きなので、以前はよく暇があると本屋で長時間立ち読みをしていましたが、最近は通勤途中に大きな本屋がない事と、 時間がそんなに取れないことから、インターネットで本を買うことが多くなりました。
オンライン書店のメリットは、品揃えが多く、大型書店にしか置いていないような本や雑誌が買えるということと、 検索機能を使って本を探せることです。

オンライン書店はたくさんありますが、セブンアンドワイのメリットはセブンイレブンで受け取ると文庫本1冊でも送料・ 手数料無料というところです。
おまけに、24時間営業なので仕事で遅くなったときも受け取る事ができます。

今ならニンテンドーDSプレゼント! セブンアンドワイ

蒸気機関車C62

| コメント(0) | トラックバック(0)

デアゴスティーニから新しいクラフトマガジンシリーズ、『蒸気機関車C62を作る』が9月に創刊されます。
蒸気機関車と言えばD51が有名ですが、C62も戦後の日本の主力蒸気機関車として活躍しました。
特急つばめはこの車種ですね

パーツは真鍮を主体にダイキャスト・鉄などの金属製。とても重量感がありそうです。
1/24スケールなので、全長が1m近くあり、飾るととても迫力あるでしょうね。
鉄道模型なんか作った事ありませんが、 接着剤とネジを使って組み立てることができるらしいので、自分のように不器用でも大丈夫そうです。
ちょっと高価なプラモデルですね。

電子書籍

| コメント(0) | トラックバック(0)

読書好きでよく本を読みます。どちらかというと乱読派で、色んなジャンルの本を読みます。
8年前に引越したのですが、本だけで段ボール箱30個ほどにもなり、飾ってあるだけの本はすべて古本屋に売り、 読まないけど置いておきたいものは実家の倉庫に、実用書だけを持って引っ越しました。
それでも8年経つと自宅には本が溢れかえり、本棚に入らない分があちこちに積んであります。
最初の頃、読んだ本は古本屋やオークションで売ったりしていましたが、それもだんだんと面倒になり、本のために家の中が片付きません。
いっそのこと電子書籍にしようかと思いますが、外で読むにはソニーのリブリエなどの専用ハードが必要だったり、 またそのハードが高かったりと、なかなかそんな気持ちにはなれません。

ウェブの書斎という大日本印刷株式会社が運営している電子書籍の販売サイトがあります。
ここの電子書籍は専用ハードがなくてもポケットPCで見ることが出来る形式です。具体的にはドットブックという形式で、 ポケットPCに専用プログラムをインストールして読むことが出来ます。
立ち読み機能があったので、実際にPCで見てみました。
たまたま私が立ち読みした本は1冊丸ごと立ち読みできました。
思ってたよりも字が読みやすく、ページ送りもストレスなく動きます。
立ち読みだけなら無料ですし、会員登録も必要ありませんので、一度試してみてはいかがでしょうか

子供の頃、日本の戦闘機がとても好きで、 中でもゼロ戦が一番好きでした。プラモデルをいくつ作ったことか。
普通に作って飾っておくだけでは飽き足らず、線香を使って機銃跡を付けたり、 釣り糸で勉強部屋の天井からぶら下げて空中戦のように見せたりと、かなり凝ったこともしていました。
今でもゼロ戦は好きです。プラモデルを作る機会がありませんが、せめて精巧なダイキャスト・モデルでも飾ってみたいなと思ってます。

安心安全なアフィリエイト
Powered by Movable Type 5.12

サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン 無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ