住宅・マンションの最近のブログ記事

住まいの広場

| コメント(0) | トラックバック(0)

今のマンションに住むようになって早10年。
10年も経つと、いろんなところが傷んできたり、汚れが目立ってきます。
大掛かりなリフォームはまだ必要ないですが、あまりにもひどい部分はそろそろ考えないといけないかな。

わが家の場合は和室の畳の縁やふすまの敷居がもうボロボロ。
子供の頃、畳の縁や敷居を踏んだらおこられた理由がわかりました。

それから壁紙。タバコを吸うので真っ白い壁が薄茶色になってしまっています。

そして、バスルーム。
毎日掃除をしていても、水回りは汚れるもんです。
家の中で一番リラックスできる場所なので、キレイにしておきたい。

ただ、リフォームをした事ないのでどのくらいお金がかかるのかわかりません。
業者に見積を取ればいいのですが、流れで断りたくても断わりきれなくなるのではないかと心配です。

最近、「住まいの広場」というサイトを見つけました。
住んでいる地域の住宅会社や工務店との間を取り持ってくれるサイトです。
正式見積り前の細かい商談までは「住まいの広場」経由で行ってくれるので、加盟店にはこちらの名前やメールアドレスといった個人情報は流れません。
だから、業者に押し切られて納得いかない契約をしてしまう心配がありません。

さらに、ライフスタイルに合わせたキッチンの選び方や防犯のポイントなど、住まいに役立つ情報を収集するためにも利用できます。

週刊CHINTAIでおなじみの株式会社CHINTAIの賃貸物件検索サイトです。
優れているのは「ガクセイCHINTAI」のページです。
大学や専門学校の学校名を入力すると最寄の物件が表示されます。
ちなみに息子が通ってる学校名で試してみたら1804件も見つかりました。
これだけ豊富に物件を取り扱っているのですから、いい物件が見つかって当たりまえです。
それに「パパ・ママ必見!知って納得!お部屋探し講座」 は子供を1人住まいさせる場合の様々な費用の説明や物件の選び方などが説明されていて、とても役立ちます。

操業35年余、 全国840店以上のネットワークで320万件の賃貸仲介実績を持つ株式会社エイブルが提供する賃貸物件情報検索サイトです。
地域や沿線で検索できるのはもちろんのこと、ペット一緒に暮らす物件や50歳からのお部屋さがしなどのテーマでの検索もできます。
中でもコンテンツの1つのエイブログでは全国各地の店舗から地元に密着した物件が紹介されていて、とても身近な感じがします。
店長さんから店舗付近の紹介もあり、その街の雰囲気が伝わってきます。
自分なら沿線や地域で物件を絞ったうえで、エイブログを使ってどんな街かを調べて決めたいと思います。
生活するのですから住まいだけでなく、周辺環境も大事ですからね。

新京成線「薬園台」駅徒歩8分、船橋市に誕生する、次世代型オール電化採用の新築マンション「グランシーナ薬園台」をご紹介します。
都心に勤めていると、千葉だと通勤がちょっと大変かなと思いますが、東京まで31分、大手町、日本橋へは乗り換えなしで30分弱なので、 通勤にも便利です。
最寄駅の新京成線薬園台駅まで徒歩8分、東葉高速鉄道飯山満駅まで徒歩15分と、2本の路線が選べます。
駐車場100%完備は当然、月額使用料3000円から。
オール電化や24時間体制セキュリティも完備しています。
薬園台のマンション、 一度見に行ってみませんか。

都会の喧騒を離れて、人里離れたところで晴耕雨読の生活をする。とても夢のある話です。
無農薬や有機栽培での家庭菜園づくりやガーデニング、あこがれてしまいます。
最近はストレス社会の中、心の病が問題になっていますが、自然に触れ合う生活をしていると、そんなことも無くなりそうです。
しかし、本当に人里離れたところに住むと、仕事へ行けません。病院や学校も遠く、生活に支障がでます。
普段の生活が出来て、そして田舎暮らしを満喫できれば。 そんな都合のいい話がありました。南房総です。
都心からも近いので、毎日の通勤も可能ですし、もちろん週末別荘としても最適です。

もし賃貸住宅を借りるなら何をポイントにするかな。
間取りや使い勝手というのは当然なので問題外として、サラリーマンの身としてはやはり通勤が楽かどうかですね。
一戸建てならある程度通勤が不便というのも我慢できるでしょうが、賃貸ではこれが一番重要だと思います。
2番目のポイントは、やはり住環境。スーパー、学校、病院など、日常の生活で利用するスポットが近くにあるかというのがポイントになります。
そして最後に家賃です。家賃が一番のポイントという方もいるでしょうが、安ければいいというものでもありません。
日常の生活がどれだけ快適か、そしてその快適さに対してどれだけのお金を払えるかということだと思います。

マンションを買う場合、先ず新築に目が行きがちになります。
新しいマンションは綺麗だし、新しければ新しいほど設備や住環境が整備されています。
でも、その分高額ですし、理事会や自治会などの機関も整備されていません。
住民同士のお付き合いもありません。
加えて自分の経験ではかなりの部分に手抜きが見られ、補修の依頼をするのに相当な労力を使いました。
中古マンションの場合は内装や住宅設備の状態が問題になりますが、 建物自体の問題はあまり考えなくてもいいと思います。
それに既に長い期間住んでいる人がいますので、生活に必要な環境が整っています。
家をお探しなら、きれいな中古マンションを探してみるのも手ではないでしょうか。

自然に触れ合いながら生活ができるところに住んでみたいものですね。
かと言って、田舎の山の中で人がまったく住んでいないような所だと寂しいですし、生活にも困ってしまいます。
南房総あたりだと都心にも近く、生活面の心配をせずに自然に親しむ生活ができます。
田舎に移住するのとリゾートで利用するのと、 どちらがいいですか。
都心に近いので通勤も可能ですが、自分なら働いているうちは週末リゾートとして利用し、リタイヤしたら田舎暮らしをするというのが夢です。

錦糸町のマンション、 アーデル錦糸町アルプレッソのご紹介です。
東京以外の人には錦糸町と言ってもピンとこないと思いますが、東京駅から総武線快速か半蔵門線で7分の距離で、 駅近くには大型商業施設があります。
通勤も楽だし、遊ぶにもいい所です。
アーデル錦糸町アルプレッソは、その錦糸町駅から徒歩9分のところとなります

開放感あふれるデザインもいいですが、私が注目したのはセキュリティの充実です。
全戸、玄関ドアと窓に防犯センサーが設置されています。
マンションって意外と窓側からの侵入って多いですから、特に窓の防犯センサーというのは安心感があります。
加えて、非接触ICカードロックキーを採用しているので鍵を使わず施錠でき、ピッキングやサムターンといった問題もありません。
そのうえ、24時間監視体制なので、とても安心して生活できます。

本物の別荘ライフ

| コメント(0) | トラックバック(0)

自分の別荘を持って、 休みの日を自然の中でのんびりと暮らしたいと思いませんか。
家族で、或いは友達を呼んで、自然に親しんだり、アウトドア料理に舌鼓を打ったり、ガーデニングを楽しんだりしてみたいものです。
自分がここのオーナーなんだという満足感があれば、より以上にゆとりを持って楽しめる事と思います。
この「ゆとり」が本物の別荘ライフの醍醐味でしょう。

でも、そう思っていても、別荘なんて金持ちの道楽と割り切って諦めてしまっていませんか。
確かに別荘用の土地・建物は高額ですし、メンテナンスや管理にも費用がかかります。
仕事で長期休暇がとりにくい状況では、多くても年に数回しか利用できないのに、それだけの投資をする事は難しいです。

ビッグフットだと車1台分の値段から本物の別荘ライフを楽しめることが出来ます。

安心安全なアフィリエイト
Powered by Movable Type 5.12

サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン 無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ