銀行・証券・金融の最近のブログ記事

So-net CFD

| コメント(0) | トラックバック(0)

CFDってご存知ですか。
自分はFPのくせにCFDを知りませんでした。

CFDとは?
CFD取引とは有価証券等の現物の受渡しをせずに、売買の差額分だけを現金決済する証拠金取引です。
FXに似てますね。
FXの投資対象が為替であるのに対し、CFDは株価指数、個別銘柄の株式、金や原油などのETFなど、多様な商品が投資対象となっています。
もちろん証拠金取引なので、レバレッジを利用して少額で大きな取引きをすることができます。
詳しくはSo-net CFDをご覧ください。

株価急落

| コメント(0) | トラックバック(0)

サブプライムローン問題のおかげで、株価がしゃれにならないぐらい下がっています。
今日も大きく下がりました。今年に入ってからどれだけ下がったんでしょう。
私も大した資産はありませんが、少なからず影響を受けました。
昨年、徐々に株価が上がってきて、ほっとしていた矢先にこれですからたまりません。

私は安定企業に長期投資するという方針で株を買っています。
普段は仕事をしているので、デイトレーダーのような事はできません。
個別銘柄の動きを毎日チェックするようなマメさもないので、どうしても買いっぱなしになってしまいます。
今のところは、なるべ手数料が安い証券会社を選んで、 長期運用で銀行預金より少し上の利率で運用できればいいかと考えています。
しかし、長期運用で徐々に資産が増えてきたものが、暴落で一気に下がるのはたまったもんじゃありません。

株式現物・信用取引手数料

株式会社サイバーエージェントFXでは11月30日のドル円の為替レートの終値を予測するキャンペーンを実施しています。
11月末の終値レートから上下1銭の範囲を予測した人で1000万円を山分けです。
銭の単位まで予測するので、ひょっとすると1000万円を独り占めの可能性もあります。
残念ながら落選した人にも抽選で100名に「1万円ではじめるFX講座」という書籍が当たります。
期間は11月1日から11月10日まで。
さっきサイトを覗いてきましたが、今のところ申込者はいませんでした。
10日まであるので、じっくりと毎日の為替の動きを見てから予想した方がよさそうですね。

金融商品、株などのハイリスクハイリターンの商品は、いくら知識を身につけても必ず儲けられるとは限りません。
特に株価が上がっているときの売り時より、株価が下がって損をしているときの売り時が難しいと思います。
チャートを読む知識も大切ですが、それより自分なりの売買ルールを決めて立ち向かう事の方が大事です。

システムトレードで年利300%を達成し、株だけで生計をたてる斉藤正章氏の特別動画セミナーが700人限定で無料公開されています。
今すぐこちらをクリックして、動画を入手してください。
ダウンロードはメールアドレスと苗字だけ。
新たに知識を仕入れる目的でもよし、有償の講演の内容ってどんなものか知るためでもよし。
1万円近い講演が無料なのですから是非ダウンロードしてください。

斉藤正章氏は、わずか5年で200万円を5000万にまで増加させることに成功したそうです。
株勝率80%の逆張りシステムトレード術 」という著書もあります。
無料動画セミナーを見て興味を持ったらこちらもどうぞ。


色んなFX(外国為替証拠金取引) の会社がありますが、今日はユニバーサル・インベストメントのご紹介です。

この会社の特徴として私が一番注目しているのは取引手数料が完全無料というところです。
株や外貨預金で、儲かったと思っても手数料を引いたらほとんど利益がでないという経験はありませんか。
手数料0円というのはとても魅力的です。

これ以外にもレバレッジが最大100倍だったり、24時間取引だったり、スワップポイントの受取ができたり、 30分ごとに市場動向を知らせてくれたりと、サービスが充実しています。
口座開設も3~5時間のスピード開設。チャンスを逃したくないという人に最適です。

株取引は投資の本を読むだけでなく、実際に自分で売買してみないとなかなか上達しません。
私も株を始めてから大分経ちますが、未だに成り行き任せです。
専門書を読んでは実践するというスタイルをとっていますが、なかなか上達しません。
先日読んだ本は低位株を狙うというものでした。長期間安値にあった株価が2ヶ月ほど上昇し始めたら買うというものです。
確かにそういった動きをする株はありますし、低位株なので購入金額もそれほどかからないので、買ってみようかと考えています。
これも勉強、でもお金がかかるのが難です。

新光証券では信用取引オンライン学習ゲーム「S-1チャンピオンシップ」 を開催中です。
これまでにも株式ゲームはありましたが、何が違うかというとこれは信用取引が出来る事です。
信用取引は株価の下降局面でも利益をだせるので、是非経験しておきたいところですが、普通の株取引以上にリスクがあるので、 なかなか手が出せません。
それが無料のゲームで体験できるというのですから、株を勉強したい人にはチャンスだと思います。
おまけに成績優秀者には海外旅行や大型テレビなどの商品もあります。

色んな企業の比較サイトがありますが、ここは証券会社の比較サイトです。
取扱い商品、サービス、委託保証金の額で証券会社を検索して、資料請求することができます。
初心者・ 株入門の方をターゲットにしているということで、やさしいイメージのサイトデザインで、口座開設の流れや用語の説明があって、 親切な造りになっています。

実際に検索してみて感じた事ですが、対応している証券会社がちょっと少なすぎるように思います。
主だったネット証券は入っているようですが、大手証券会社でネット対応しているところが出てきません。
初心者に対して、あまり多くの証券会社を並べてもというのがあるのでしょうが、このサイトは株取引好きもターゲットにしているので、 それだったら検索対象の企業を増やしてもいいのではないでしょうか。

それから検索結果ですが、一覧表形式で出て欲しいなと思いました。
検索して最初に見たいのは比較結果であって証券会社の説明ではないはずです。説明は社名をクリックしたら開くようにすれば良く、 取扱い商品や手数料などの情報が一覧で見れたほうが分かりやすいと思います。もちろん項目を指定して並び順を変える機能も欲しいですね。

細かい比較というより、こういう商品を扱っている会社はどこだろうと言う目でざっくりと探して、 各証券会社の特長を見るのにはいいと思います。


Work Work Watching

| コメント(0) | トラックバック(1)

日本人の映画監督、田所治がアメリカで映画を撮影することになって、 通訳のスジャータ洋子を雇って現地で記者会見やオーディションなどをしますが、うまく通訳出来ず、 なかなか思うようにいかないというショートアニメです。
関西弁を喋るこの監督、どこか井筒和幸監督を思わせるような雰囲気があって、なかなか面白いです。
映画のタイトルは「ろくでなし番長 ~番長のアメリカ征服~」。う~ん、やっぱり井筒監督がモデルかな。
このサイト、ディックがお金を稼ぐ事の大変さを考えるためにオープンしたサイトです。

ケイタイプ」 新しいお金の借り方で、
帯電話を利用した
ローン約の
タイプ
ケイタイプだそうです。

FX50社徹底比較

| コメント(0) | トラックバック(0)

銀行金利は低いし、株式も現在踊り場という背景で、今は資産運用の手段として外国為替証拠金取引(FX) が良いと盛んに言われています。
インターネットで売買できるという手軽さも手伝ってか、FXを扱う投資会社が数多く設立されていて、実際に始めようと思ったとき、 どこの会社を選べばいいのか迷ってしまいます。
出来る限り信用があって、手数料の安いところを選びたいですね。
「比較.comFX50社徹底比較」のサイトではFX50社について手数料、入出金サービス、信用情報、通貨ペアの種類、 モバイル対応かどうかなど、色んな観点から比較をして資料請求することが出来ます。
金融商品の売買は自己責任の世界ですから、営業マンの言葉に惑わされずに、自分で納得いく会社を調べるのが大事です。

今、資産運用の手段として外国為替証拠金取引(FX)を利用する人が増えています。
外国為替は外貨預金と違って「売り」から入れますので円高でも利益を出せ、証拠金取引なので少ない金額で大きなお金を動かせる、 高リスク高リターン商品です。
欲張らずに小さな値動きで売買すれば安全に稼ぐ事ができますが、スプレッド(買値と売値の価格差)と往復の手数料が必要になるため、 それを考えて利益を出さなければなりません。
外国為替保証金取引サービス AFT-FXダイレクトトレードでは円ドルのスプレッドが3銭ですし、取引手数料がキャッシュバックされ実質手数料無料なので、 その点が有利です。
外国為替証拠金取引をしたことがない人は、こういった高リスク高リターン商品には不安があるでしょうが、 30日間の無料デモトレードが用意されていますので、そこで外国為替証拠金取引の経験を積んでから実際の取引をする事ができます。

安心安全なアフィリエイト
Powered by Movable Type 5.12

サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン 無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ